テレフォンセックスについて

テレフォンセックスというものをどのように感じているでしょうか。名前の通り電話をつかった性的な行為というようなイメージをもっている人は多いと思います。
基本的にはそれであっています。電話を通して男女が性的に興奮をしていくものとなります。姿は見えないですが、声や音がリアルに聞こえてくるので、非常に興奮するものです。

実際に触れないからこそ興奮するというのもあり、この独特な感じが人気の理由となっています。
しかし技術は進歩しテレフォンセックスのあり方も大きく変わってきました。
それは単純に音や声を楽しむだけではないということです。

少し前のテレフォンセックス愛好者はすこし文句を言いたくなると思いますが、現在のテレフォンセックスはテレビ電話を利用することで画像を見ながら性的な興奮を覚えることができるのです。ライブチャットと似たような特性をもつようになってきました。

音だけでなく顔を見えるので、お互いの環境を更に理解しやすくなってきています。
どのような格好でやっているのか、どのような顔をしているのかなどと、非常に大きな性的興奮をもたらしてくれます。

触れないという部分は変わっておらず、テレフォンセックス特有の雰囲気も楽しむことができます。
映像も綺麗になってきていて、テレビのような扱いもできるようになってきました。
テレフォンセックスをよく利用する人にとっては夢のような話です。

新しい性行為のかたちとして存在してきているので、知らない人は是非一度体験してみてはどうでしょうか。

相手がいないとなりたたない

テレフォンセックスに必要不可欠なのは、異性の相手ということになります。
同性だとプレイできませんので、異性を求めるのが基本ですよね。
異性なしではテレフォンセックスが成立しませんし、それではただのマスターベーションになっていまいます。

相手の声に興奮し、初めて関係が成立するのがテレフォンセックスというわけです。
そういった意味では、テレフォンセックスはしたいときにできないものでもあります。
まず相手ありきですから。

悶々とした気分で、相手探しをしなくてはならないわけですから、結構面倒ですよね。
手っ取り早く相手を得ようとしても、女ともだちには電話できませんよね。
異性であることは間違いありませんし、仮にできてしまったら、それはそれで嬉しいわけですが。
ただ、女ともだちをテレフォンセックスに引き入れると、それまでも友人関係が崩壊していまいます。

たった1回のテレフォンセックスで、大事な友人を失いたくはないものです。
そうとはいえ、間違って男友だちに電話してしまうと、変な気分になってしまうでしょう・・・。

それだけ異性の存在が大きいということです。

テレフォンセックスはしたいときにすぐできないからこそ、逆に興奮し、癖になってしまうのでしょう。
しかし、テレフォンセックス専用の異性を作るということも、現実的には難しいのです。
また、そのためだけのサイトもそうそう見つかるものでもありません。

そういった意味では、テレフォンセックスは身近なようで遠い存在なのかもしれませんね。

テレセの魅力

テレフォンセックスは、相手と実際に肌を重ねてセックスしているわけではありませんから、それをデメリットということもできます。しかし、その反面、テレフォンセックスにはメリットがあります。

つまり、想像力を駆使して行う点ですが、その魅力を探っていきましょう。
イマジネーションを使いますから、当然、リアルではありません。

面識のない人ならわかりませんが、相手が恋人となるともちろん顔や姿を認識していることになります。

しかし、エッチなことを思い浮かべるとき、普通、相手をかなり美化して描くことが往々にしてあると思います。
したがって、テレフォンセックスでは相手を実物よりも魅力的で理想的な女性に仕立てた上で、快感を得ることができるわけです。
ただ、声がNG・・・ということもありますが、たとえ声がタイプでなくてもそこまで問題にはならないでしょう。
ですから、相手が実際にタイプでなくても、それこそ満足できるエッチが実現できるのです。

あと、会話がメインになりますから、お互いの気持ちを探りながらコミュニケーションを図っていきますから、精神的な繋がりというか親密度が増すことにもなります。

例えば、恋人同士でテレフォンセックスをすれば、実際のセックス以上に、相手の心の動きに集中してプレイができるのです。

相手が求めている言葉、音、それは何か・・・。
そう考えてプレイすることになりますから、相手思いになり、プレイが終われば、依然より相手を身近に感じられるはずです。
会わなくても、お互いのことをちゃんと思える。

テレフォンセックスの最大の魅力は、この気持ちの部分が大きいのではないでしょうか。

一度は体験してみよう!

テレフォンセックスとは電話越しにするセックスですが、果たして1週間あたりどれぐらいの人が何回テレフォンセックスをしているのか気になります。

個人的な意見ですが、セックスとは相手と肌と肌を触れ合わせて、相手の温もりを感じながら行うからこそ、気持ちよくなれると思いますので、正直、電話を通して声だけでとなると、快感を得られないような気がするのです。

しかし、もちろん人によっては直接体を重ねるセックスよりも、受話器越しにするセックスのほうが興奮するという人もいるはずです。
セックスの嗜好は千差万別、テレフォンセックスが向いていると思う人はそれでいいのでしょう。

一度、テレフォンセックスを体験してみるといいのかもしれませんね。
案外、思っていたよりもよかったと感じる人もいるかもしれませんし、また逆に、やっぱり直接絡んだほうが気持ちいいという人もいるでしょう。

仕事で忙しい人や学生で直接会うことを避けている人などから、テレフォンセックスは絶大な支持を得ています。

ホテル代を支払う必要がありませんし、必要なのは電話代だけですから、テレフォンセックスは比較的安価で楽しめるものと言えるでしょう。
個人的に一度メールのチャットを通してセックスをした経験があるのですが、セックスが文字で表現されるとそれなりに官能的でエロいなと思ったことがあります。

相手の声と表現力、そして自分の想像力を駆使すればテレフォンセックスを十分に楽しめるのは間違いありません。